Paul Weller関係の事を少しずつ。。。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスで6/5に「All Mod Cons」のDeluxe Editionが発売になるようです。
CD+DVDで、CDにはオリジナル・アルバムにシングル曲、デモ等が加わった物、DVDは、ライブを含む約40分の映像(Don Lettsが編集しているも模様)が収録されるらしいです。

Disc One
The Original Album
1. All Mod Cons
2. To Be Someone (Didn’t We Have A Nice Time)
3. Mr Clean
4. David Watts
5. English Rose
6. In The Crowd
7. Billy Hunt
8. It’s Too Bad
9. Fly
10. The Place I Love
11. ‘A’ Bomb In Wardour Street
12. Down In The Tube Station At Midnight

Bonus tracks
13. News of the World (single)
14. Aunties and Uncles (Impulsive Youths) (b-side)
15. Innocent Man (b-side)
16. Down In The Tube Station At Midnight (single version)
17. So Sad About Us (b-side)
18. The Night (b-side)
19. So Sad About Us (demo)
20. Worlds Apart (demo)
21. It’s Too Bad (demo)
22. To Be Someone (demo)
23. David Watts (demo)
24. Billy Hunt (alternate version)
25. Mr Clean (demo)
26. Fly (demo)

Disc Two
DVD"The Making Of All Mod Cons”

スポンサーサイト
イギリスで、5/29に「Story」なる2枚組CDが出るみたいです。

Disc: 1
1. In The City
2. Away From The Numbers
3. I've Changed My Address
4. All Around The World
5. Modern World
6. I Need You
7. David Watts
8. Down In The Tube Station At Midnight
9. To Be Someone
10. English Rose
11. In The Crowd
12. Strange Town
13. Butterfly Collector
14. When You're Young
15. Eton Rifles
16. Thick As Thieves
17. Private Hell
18. Saturday's Kids
19. Going Underground
20. Dreams Of Children

Disc: 2
1. Start
2. Liza Radley
3. Pretty Green
4. Monday
5. That's Entertainment
6. Man In The Cornershop
7. Boy About Town
8. Funeral Pyre
9. Disguises
10. Absolute Beginners
11. Tales From The Riverbank
12. Town Called Malice
13. Precious
14. Ghosts
15. Just Who Is The Five O'Clock Hero
16. Carnation
17. Bitterest Pill
18. Beat Surrender
19. Move On Up
20. Stoned Out Of My Mind

来日公演を終えたばかりのPaul Wellerが、ライブアルバムを発表。
CDジャーナルにも記事が載ってましたが、HMVのサイトでは「生産中止」の表記が出て、ちょっとした混乱状態でした。
が、NMEによると、2枚組になったみたいなので、企画番号変更による一時的な処置みたいですね。

昨年末のロンドン公演で演奏された曲から(数曲カットして)選曲されている模様です。

CD1:
The Weaver
Out Of The Sinking
link & You'll Miss It
'Paper Smile'Peacock Suit
From The Floorboards Up
The Changingman
Savages
Going Places
Up In Suzie's Room
Porcelain Gods
I Walk On Guilded Splinters

CD2:
In The Crowd
Come On/Let's Go
Foot Of The Mountain
You Do Something To Me
Wishing On A Star
Wild Wood
The Pebble And The Boy
That's Entertainment
Broken Stones
Long Hot Summer
Shout To The Top
Town Called Malice

2006/4/01(土)ZEPP TOKYO 開場 16:00 開演 17:00
チケット発売 3/4(土)

予定通り来ました(笑)

当初の公演日程が発表された時から予想されたというか、仲間内でも「東京公演は3日」との話は伝わってきていました。
まあ、普通に考えて、東京-大阪の間が2日空くのは不自然ですし、間に1公演隠れているとの予測は簡単に出来ると思います。
となると、いつ何処で?という事ですが、過去に彼がライブをした地方を基準にすると、仙台、名古屋、福岡辺り。
効率がいいのは、東京→名古屋(4/1又は2)→大阪ですが、あいにくPaulと名古屋の相性が余り良くない。。。
仙台、福岡は彼自身、結構好きな場所みたいですが、移動が大変です。
例えば仙台だと、4/2に仙台→大阪の移動は無理なので、4/1なら、となりますが、その日のZEPPはAcidmanのライブが決まっていて(1/14発売済)ダメです。
逆に福岡だと、4/1に東京→福岡が無理なので、4/2にZEPPで、と思ったら、その日は木村カエラが早々と決まってます。
まあ、無理して仙台→大阪、東京→福岡を本人・機材共々飛行機移動させれば可能かもしれませんが、コストがかかる上に、本人が飛行機嫌いってのが一番のネックになるとおもいます。。。

となると、東京でもう1日って話になるのは当然で、会場を同じにすれば、機材も置きっぱなしにしておけるので効率もよい事から、ZEPP TOKYOがもう1日隠れていた、って話でした。
2/15にRoyal Albert Hallで行われた Brit Awards 2006 にて、功労賞
(Outstanding Contribution to Music)を受賞。

その後のパフォーマンスでは、
Come On/Let's Go
The Changingman
From The Floorboards Up
Town Called Malice
Broken Stones を演奏。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。